ノコギリヤシで育毛生活~1年間の体験レポート~

HOME » 男のための薄毛防止講座 » 髪と頭皮が弱る習慣

髪と頭皮が弱る習慣

髪の毛に悪影響を与える行為は、実は、何気ない日常生活の中にも潜んでいます。ここでは、5つのことについて、お話していきます。

日常の中の悪影響

まず1つ目は、帽子を長くかぶることです。帽子をかぶる自体には、悪影響はありません。逆に、紫外線から髪の毛を守る働きがあり、マイナス要因とはなり得ません。

しかし、問題なのは、「長くかぶる」ことです。長時間帽子をかぶると、髪の毛が蒸れた状態になるため、マイナスの働きを引き起こしてしまいます。

2つ目に、茶髪、金髪が挙げられます。茶髪や金髪は、染料や熱を使って無理やり染めるため、植物の根に相当する、髪の毛根を痛めてしまい、髪の毛の発育に、あまりいい効果をもたらしません。

3つ目に、ドライヤーを使うことです。帽子と同様、ドライヤー自体に問題はありません。頭髪を乾かしたりすることに役立つため、使用することについては、悪影響がありません。 大事なのは、長く使わないことです。長時間、髪の毛に熱を浴びせると、あまり良い結果を招かないでしょう。

4つ目に、朝シャンになります。髪の毛を洗うことは、汚れを落とす行為であり、髪の毛の清潔を保つためにも、大事なことです。しかし、出勤前などに洗髪を行うと、シャンプーが残ったり、あるいは、濡れたままの状態が続き、髪の毛に、あまりいい影響を与えません。

最後に、 喫煙が挙げられます。喫煙は、血流の循環を悪くさせ、血液による十分な栄養補給を妨げてしまう働きがあります。体のみでなく、髪の毛にも、血液による栄養補給が行われているため、血流を妨げる喫煙は、健康のためにも、慎む方が適切ということでしょう。

いかがでしょうか?現在の日常的な行いに、上記の例が当てはまるでしょうか?もし、当てはまるようなら、髪の毛のためにも、一度見直してみるのも、大切ではないでしょうか?

 
実験!ノコギリヤシ育毛サプリで髪は蘇るのか?