ノコギリヤシで育毛生活~1年間の体験レポート~

HOME » 男のための薄毛防止講座 » 薄毛進行度を自己診断

薄毛進行度を自己診断

薄毛の進行度は、専門のカウンセラー等に依頼しなくても、自分でも、十分チェックすることが可能になっています。ここでは、頭皮の健康チェックと題し、5つの状態について、お話していきます。

5つの頭皮健康チェック

まず1つ目は、頭皮に ゴムのような弾力がないことです。頭皮を触ってみて、弾力が感じられないようなら、要注意です。

2つ目に、頭皮に軽い痛みを感じることです。頭皮を触ってみて、少しでも痛い、と感じるようなら、薄毛が進行する可能性があります。

3つ目は、頭皮を触って、石のように硬く感じることです。自分の頭皮に触れてみて、石や板のような硬い感触があれば、黄信号ということができます。

4つ目は、 頭皮がぶよぶよとした感じになっていることです。頭皮に触れて見て、指が頭皮に潜り込みそうなら、薄毛が進んでしまう危険があります。

5つ目は、ブラッシングをした際、以下のような感触があることです。1.痛くはないのに、抜け毛が多い。2.ちょっと動かしただけで、髪の毛が切れてしまう。

以上、頭皮の健康チェックになります。

髪の毛は、頭皮と絡み合った毛根から、血液を通じて、栄養補給を受けています。仕組みとしては、植物に似ていますが、頭皮をチェックすることは、植物で言えば、根の埋まった土自体を調べるようなものです。

上記のチェックは、いずれも、入浴時あるいは整髪時などの日常生活の中で、十分行えることです。自分の髪の毛に心配なようなら、折りを見て、頭皮の健康のチェックをしてみては、いかがでしょうか?

 
実験!ノコギリヤシ育毛サプリで髪は蘇るのか?